プログラムPROGRAM

イベントカテゴリを絞り込む

Loading...

全て

該当するイベントはありません

  • 工01
  • 説明会
  • 工学院説明会

  • 工学院説明会
  • 14:30 - 15:15
  • 工学院の教育の特徴や研究を紹介します。
  • 工02
  • 模擬講義
  • 東工大Web体験講義:「なぜ熱力学を学ぶのか」【予習編】

  • 予習動画
  • 東工大Web体験講義:「なぜ熱力学を学ぶのか」【予習編】
  • オンデマンド動画(事前視聴可)
  • 村上陽一 准教授による東工大Web体験講義「なぜ熱力学を学ぶのか~工学の基礎として~」の事前視聴講義動画です。有用な熱ってなんだろう? 広い分野の基礎科目になっている熱力学のポイントを先取りしよう!
  • 工03
  • 模擬講義
  • 東工大Web体験講義:「なぜ熱力学を学ぶのか」【質問編】

  • 東工大Web体験講義:「なぜ熱力学を学ぶのか」【質問編】
  • 東工大Web体験講義「なぜ熱力学を学ぶのか~工学の基礎として~」への質問コーナーです。事前に講義を視聴のうえ、村上先生に内容のことや研究のことを気軽に質問してみましょう。
  • 工04
  • 研究紹介
  • 機械系バーチャル研究室ツアー

  • 機械系バーチャル研究室ツアー
  • 10:30 - 11:15
  • 水谷義弘准教授と坂本啓准教授の研究室を訪問し、航空宇宙機に使われている材料の検査や、人工衛星を使って宇宙空間に大きな構造物を作る方法に関する研究を紹介します。また機械系に関する質問にもお答えします。
  • 工05
  • 相談会
  • 情報通信系ってどんなところ? ー学生生活から最新研究まで

  • 情報通信系ってどんなところ? ー学生生活から最新研究まで
  • ここに来れば情報通信系がわかる! 最先端のAIやIoT技術など情報通信系の魅力的な研究から、情報通信系の学生生活まで一挙に紹介! さらに、教員や在学生に直接質問や相談できるブースも開設します。
  • 工06
  • 模擬講義
  • すべて電気電子!-5G・AI・EV・自動運転・SDGs

  • すべて電気電子!-5G・AI・EV・自動運転・SDGs
  • いま話題の技術である5G・AI・EV・自動運転。さらには持続可能な開発目標(SDGs)の達成。これらすべてに電気電子の技術が生かされています!本講義では電気電子に関する研究を網羅的に紹介します。
  • 工07
  • 相談会
  • 経営工学の魅力って何?

  • 経営工学の魅力って何?
  • 経営工学の魅力はここで分かります。経営工学系で学ぶ事、研究、学生生活や卒業進路などについて、教員や在学生に直接相談ができます。
  • 工08
  • 研究紹介
  • 電気電子系バーチャル研究室ツアー

  • 電気電子系バーチャル研究室ツアー
  • 模擬講義でも触れられていた、大岡山・すずかけ台の5つの電気電子系研究室の研究を紹介します。さらに興味のある学生へ、ブレイクアウトセッションに誘導して研究室の中身に迫ります。
  • 工09
  • 研究紹介
  • ドローンネットワークの協調制御

  • ドローンネットワークの協調制御
  • ドローンを安定に飛行させるのはシステム制御の役割です。しかし、現在求められるのは複数のドローンをシステムとして協調させる技術です。本研究紹介ではドローン群の協調について先端研究の一端をお見せします。

参加申し込みはこちら※高校生・高専生・受験生限定

参加にあたってANNOUNCEMENTS

  • オープンキャンパスオンラインの各プログラムに参加いただくためには、事前に申し込みが必要です。
    申し込みは先着順で、7月15日(木)午後5時からオープンキャンパス当日(8月10日(火))の各プログラム終了時まで受付けます。申し込み希望者が定員に達した場合、申し込みの受付を終了させていただきます。受付が完了すると、登録したメールアドレスに受付完了メールが送信されます。満員となっているプログラムであっても、上記受付期間中にキャンセル等で空きが生じた場合、申し込み受付を再開する場合があります。最新の受付状況は申し込みサイトでご確認ください。

  • 参加にあたって、主にZoomを使用いたします。事前に「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードして、ご使用になるPCやスマートフォン、タブレット端末へインストールしてください。

  • 当日、申し込みサイトからご自分のマイページ内にある受講証へアクセスしてください。開始時間10分前から、ページの下部に「参加する」と表示されますので、スワイプして画面に従ってアクセスし、参加してください。

  • 各プログラムは運営側で録画し、後日動画を公開する予定です。また、広報の資料として活用する場合もございます。あらかじめご了承ください。