第5類

2019年4月以降の入学を目指す方へ

2019年4月以降の入学を目指す方へ
平成31(2019)年4月入学以降の学士課程入学試験が変わります。
入学試験合格者の入学時の所属を「類」から「学院」に変更するなど実施方法が変わりますので、詳しくはこちらのページをご覧ください。

2019年4月以降の入学を目指す方へ | 入学案内

学院 | 東工大で学ぶ

本ページは、2018年4月入学を目指す方向けの説明になります。

電気・情報・通信・制御について学びたい!

第5類

日常を進化させる電気・情報

1年目に理工学の基礎となる共通科目をしっかりと学びます。2年目から、工学院システム制御系、電気電子系、情報通信系、情報理工学院情報工学系に所属し、専門の勉強を本格的に開始。4年目には研究室に所属、最先端で活躍する教員の指導を受けながら特定課題研究を行います。

学士課程卒業生のほとんどが大学院に進学します。卒業後は、大手電機メーカーやコンピュータメーカー、放送・通信分野、ソフトウェア開発で世界に羽ばたく一流の技術者、研究者として働く卒業生が多く、官公庁やサービス業、商社等幅広い進路も開かれています。

2年目に進むことができる学院・系

第5類の特徴

POINT1:バスゼミ

入学直後の一大イベント。すずかけ台キャンパスにある研究室を見学した後、バスに分乗して近郊の温泉地に出向きます。第5類の先輩と直接話せる相談会や教員による講演会、新入生の質問に教員が○×で答えるインタビュー等、企画が目白押しの1泊2日。この企画立案から実行に至るまでを担当するのは、なんと第5類の先輩たちです。いち早く共に研究する仲間と交流し、これからの大学生活を楽しんでほしいという思いが詰まっています。

一堂に会す新入生たち

一堂に会す新入生たち

POINT2:ゑれきてるコンテスト

電気電子系で開講する「電気電子工学創造実験」の成果を競う公開競技大会。学生は自由に創作課題を設定、電磁気学や電気回路をはじめとした電気電子工学に関する知識をフル活用して目標課題の達成を目指します。見学者からは「ほ~お、なるほど」と感嘆の声も聞かれる創造性あふれるコンテスト。毎年9月に開催されます。

創意工夫を凝らして製作中

創意工夫を凝らして製作中

身近な第5類01

身近な第5類01

太陽電池

第5類では電気エネルギーや通信、コンピュータ回路や信号処理の仕組み、集積回路、電子デバイス、エレクトロニクス材料などなど、現在と未来の基盤がつくられている。今や一般家庭の屋根の上でも見かけるようになった太陽電池の分野でも、世界最先端の研究がなされている。

下:マルチチャンバーシステムは、シリコン薄膜太陽電池を作製する装置。

身近な第5類02

身近な第5類02

モバイルアプリ・人工知能

普段使っているモバイルアプリやテレビで見かけたロボット─第5類の扱う情報技術が日常生活の様々な局面で活きている。それは、情報の基礎理論からプログラミング、マルチメディア、人工知能といった幅広い分野の知識が第5類で習得できるからこそ。

第5類の学生に聞きました。

学院に改組される前に入学した学生です。
  • 第5類の志望動機は何ですか?

    阿部 哲也第5類1年
    (取材当時)

    阿部 哲也

    私は将来電気系・情報系の技術者になりたくて5類に入りました。5類ではプログラミングの授業も多く、パソコンを用いた実践的な授業を受けることができます。また、1年で基礎を学びつつ将来の進路を決め、2年でより専門的な科目を受けることができるのも魅力的でした。1年生で進路を決めるにあたって、必修科目やFゼミの授業で教授や先輩からアドバイスを聞くこともできます。研究室も豊富で将来がとても楽しみです。

  • 将来の夢は何ですか?

    小俣 仁美工学部情報工学科2年
    (取材当時)

    小俣 仁美

    私が今興味のある分野はソフトウェア工学です。人が直接目にしたり利用したりするものなので、その分世の中に貢献することができ、同時により良くしていかなければならない所であると考えています。今はまだ、プログラミングや、計算機や通信の基礎となる数学など、下地部分を勉強している状態ですが、しっかりとコンピュータについて学び理解した上で、ソフトウェア工学に貢献できればと考えています。

  • 受験生への一言をお願いします!

    川崎 進之介工学部
    電気電子工学科3年
    (取材当時)

    川崎 進之介

    東工大に来て一番良かったと思う点は、研究のレベルが高いところです。そして理系科目だけでなく、文系科目も充実しているところが魅力です。もちろん他の大学に行っても楽しいことがたくさんあるとは思いますが、受験生のみなさんが、大学に入ってしっかり勉強して将来良いキャリアを積みたいと考えているのであれば、東工大はとても充実してぴったりだと思います。

  • 制御システム工学科の特徴は何ですか?

    河野 宏俊工学部
    制御システム工学科4年
    (取材当時)

    河野 宏俊

    制御システム工学科では2年生のうちから学科内でのロボコンを体験することができます。早い段階からものつくりを実際に体験することができるため、機械を操るための実践的な力をつけることができます。また、興味が幅広い仲間が多く、それぞれ専門分野に限らず、様々な活動に取り組んでいます。そのため、機械以外のジャンルに詳しい人も多く、話していてとても楽しいです。

第5類 紹介動画

この動画は「高校生・受験生のためのオープンキャンパス2016」のために制作されました。

第5類 パンフレット

第5類(電気電子系、情報通信系、情報工学系、システム制御系)デジタルパンフレット(2018年版)

第5類では、1年目に理工学の基礎となる共通科目を学び、2年目から、工学院電気電子系、情報通信系、システム制御系、情報理工学院情報工学系のいずれかに所属して専門の勉強を本格的に開始します。

このパンフレットでは、第5類から進むことができる4つの系紹介や卒業生のメッセージ、在学生の声などを掲載しています。