生命理工学院

生命理工学院 複雑で多様な生命現象を解明

ライフサイエンスとテクノロジーを学び、世界レベルの活躍ができる人材を育てます。生命理工学院では、ライフサイエンスとテクノロジーに関する幅広い専門的知識を学び、世界最高レベルの研究や開発を推進し、新たな科学技術を創造する能力を発揮できる、生命系理工学人材の育成を目指します。学士課程では、生命に関連する生物・化学・物理からなる理工学専門科目の基礎を幅広く学び、4年目には、学士特定課題研究(卒業研究)で最先端研究のスタートにつきます。そして大学院では、主に生命系の先端科目を学修し、研究を行う「生命理工学コース」と化学、材料、機械、電気・電子、情報等の分野と生命系分野を融合して学修し、研究を行う「ライフエンジニアリングコース」があります。学生には、欧米やアジアの先端大学への留学や企業へのインターンシップ等を通じて、グローバル社会で通用する能力の修得を推奨します。

ノーベル生理学・医学賞2016 特設ページヘ

大隅良典栄誉教授が「オートファジーの仕組みの解明」により、2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。受賞決定後の動き、研究概要をまとめた特設ページをオープンしました。

ノーベル生理学・医学賞2016 特設ページヘ

生命理工学院で学ぶ魅力

幅広い分野から生命理工学を学べる国内最大規模の教育研究組織。

幅広い分野から生命理工学を学べる国内最大規模の教育研究組織。

生命理工学の分野におけるフロンティアとして20年以上の歴史を持ち、ライフサイエンスとテクノロジーに関する生命理工学分野を、理学や工学のみならず、薬学や医学、農学の観点からも幅広く学べる、国内最大の規模を有する生命系学士課程と大学院です。

化学、物理、材料、情報にまでおよぶ研究にふれることができます。

化学、物理、材料、情報にまでおよぶ研究にふれることができます。

生命理工学院では、約70名の教授と准教授等がライフサイエンスとテクノロジーに関する最先端研究を幅広い分野で実施しています。その研究分野は、生物系にとどまらず、化学系、物理系、材料系や情報系等多様な分野に広がっています。

幅広く多様な学びに対応して就職先も様々に広がっています。

幅広く多様な学びに対応して就職先も様々に広がっています。

生命理工学院で学ぶライフサイエンスとテクノロジーは、生物、化学、物理等の理学分野から、応用化学、材料、機械、情報等の工学分野を含むあらゆる応用分野と関係しているので、いろいろな分野の企業や研究機関等を目指すことができます。

生命理工学院の構成

学士課程(1年目) 学士課程(2~4年目) 大学院課程
生命理工学院
生命理工学系 第7類 生命理工学系 生命理工学コース ライフエンジニアリングコース

※複数の系に関連しているコース

生命理工学院の特色ある教育研究活動

幅広い分野から生命理工学を学べる国内最大規模の教育研究組織

幅広い分野から生命理工学を学べる国内最大規模の教育研究組織

生命理工学院は、ライフサイエンスとテクノロジーに関する理工学分野を理学や工学のみならず、薬学や医学、農学の観点から幅広く学べる、国内最高の規模を有する生命系学士課程と大学院(修士・博士後期)課程です。

化学、物理、材料、情報にまでおよぶ最先端研究を実施できます

化学、物理、材料、情報にまでおよぶ最先端研究を実施できます

生命理工学院は、約70名の教授と准教授等が、ライフサイエンスとテクノロジーに関する最先端研究を幅広い分野で実施しています。その研究分野は、生物系のみならず化学系、物理系、材料系や情報系にまたがる理工学分野です。

海外派遣やインターンシップを推奨します

海外派遣やインターンシップを推奨します

大学間の協定による交換留学(長期・短期)、短期派遣プログラムを利用した海外派遣や企業へのインターンシップを推奨しています。生命理工学系での海外派遣プログラムや教員の国際的連携を通じて、海外の研究室や企業、国際会議への積極的派遣を推奨します。これらの取組も大学院の単位として認定されます。

国際的な環境で研究を実施します

国際的な環境で研究を実施します

海外から卓越した研究者が多数来訪し、共同研究やセミナーを実施しています。また各研究室には多くの留学生が在籍しています。学内においても国際的な考え方や研究力を養う環境が整っています。

幅広く多様な学びに対応して就職先も様々に広がっています

幅広く多様な学びに対応して就職先も様々に広がっています

生命理工学院で学ぶライフサイエンスとテクノロジーは、生物、化学、物理などの理学分野のみならず、応用化学、材料、機械、情報などの工学分野を含むあらゆる応用分野と関係しています。生命理工学院で学ぶことにより、いろいろな分野の企業等に就職できます。

学生数・所属教員数

学生数 - 1,195名

所属教員数 - 88名

※学生数は受入可能予定人数より算出しています。

※所属教員数は2017年8月1日現在の人数です。

生命理工学院に所属する教員の一覧はこちらをご覧ください。

取得できる教員免許状

学士課程

中学校教諭一種免許状(理科)

高等学校教諭一種免許状(理科)

修士課程

中学校教諭専修免許状(理科)

高等学校教諭専修免許状(理科)

情報公開

広報誌

生命理工学院パンフレット「生命理工学へのご招待」

コンテンツ

  • 学院長からのご挨拶
  • 研究の概要と組織
  • センター、関連組織
  • カリキュラム
  • 大学院プログラム
  • 入試案内
  • 生命理工学院の沿革、ルーツ
  • 教員・研究紹介
  • 教育
  • 学生の活動・国際交流
  • 進路

学院長メッセージ

学院長 三原 久和

生命理工学院では、120人に及ぶ教授、准教授、講師、助教の教員陣が生命理工学に関連した約70の研究分野を構築し、フロンティア研究を展開しています。本学院では、ライフサイエンスとテクノロジーに関する幅広い専門的知識を学び、世界最高レベルの研究や開発を推進し、新たな科学技術を創造する能力を発揮できる生命系理工学人材の育成を目指します。 学院長 三原 久和

副学院長

  • 中村 聡(総務担当)
  • 伊藤 武彦(教育担当)
  • 太田 啓之(研究担当)
  • 梶原 将(国際担当)