理学院

理学院 真理を探究し知を創造する

「自然界はどのようにしてできているのだろう?」という基本的な原理への興味や関心をモチベーションに、法則や論理を探究するのが理学です。理学院では、論理を積み重ねて構築される定理の美しさや、分子・原子等のミクロの世界の仕組み、さらには地球の内部や宇宙の構造に至るまで、あらゆる現象の奥に潜む法則を学びます。思考や実験によって、無限に広がる宇宙の構造を明らかにすることができる驚き。いろいろな物質同士を反応させて、誰も見たことのない新しい物質ができたときの喜び。直接見ることができない地球の内部の様子を推理して、地上の実験で検証する感動。 こうした最先端の研究の現場に接することのできる学力を育て、その力を基にして社会で活躍する卒業生を送り出すのが理学院の教育です。

理学院で学ぶ魅力

興味のある分野をより深く専門的に学ぶことができます。

興味のある分野をより深く専門的に学ぶことができます。

自らの興味に基づいて好きな分野の勉強ができるのが第一の魅力。数学、物理学、化学、地球惑星科学の中から、入学後の学修によって本当に学びたい分野を見極めて進路を選ぶことができます。大学の科目は、高校でのイメージとは結構違うものですよ。

好きな分野の基礎力が鍛えられるので就職も好調です。

好きな分野の基礎力が鍛えられるので就職も好調です。

好きな分野の勉強ができて、しかも就職がいいのが理学院の強み。理学院の卒業生は基礎がきちんとできていて、企業の現場で問題が起きたときにも、その場しのぎでなく、根本的な原因を探って真の解決をもたらしてくれるとの高い評価を受けています。

気の合う仲間と出会えるので学生生活がより充実します。

気の合う仲間と出会えるので学生生活がより充実します。

優秀な仲間がたくさんいて、互いに刺激し合える環境があります。学生同士の自主的な勉強会も盛んで、 講義にとらわれずにどんどん先まで学ぶ人たちもいます。興味が近い人が集まっているので、勉学にも部活にも気兼ねなく打ち込むことができます。

理学院の特色ある教育研究活動

講義カリキュラムの国際化の取り組み

講義カリキュラムの国際化の取り組み

近年の社会のグローバル化にともなって、講義のカリキュラムの国際化は重要な問題です。理学院では、2015年度より英語の専門教育担当のネイティブ専任教員による数学、物理、化学の講義を開始しています。留学生だけでなく、英語に意欲のある日本人学生の受講者も年々増加しており、理工系基礎科目の国際化は順調に進んでいます。

国際的なセミナー・講演の実施

国際的なセミナー・講演の実施

理学院では、理学に関係する最先端の研究について、多くの外国人講師を招いてセミナーや共同フォーラムを開催しています。中には学士課程学生、大学院生が国際研究集会を立案・実行した例もあります。これにより国際的な最先端のアクティビティーに直接触れる機会を提供します。

教育の質のアップへの取り組み

教育の質のアップへの取り組み

理学院では、学生だけでなく、教員のレベルアップにも積極的に取り組んでいます。教員のための教育力アップの勉強会、そして教員による講義の相互参観も実施し、東工大生のためにいかに良い教育、環境を提供できるか、教授陣も本気で考えています。また、若手教員教育賞を設けて、年間2名の教員を表彰するなどの取り組みも行っています。

学生数・所属教員数

学生数 - 1,173名

所属教員数 - 152名

※学生数は受入可能予定人数より算出しています。

※所属教員数については計画段階の人数です。

理学院に所属する教員の一覧はこちらをご覧ください。

取得できる教員免許状

学士課程

中学校教諭一種免許状(数学・理科)

高等学校教諭一種免許状(数学・理科)

修士課程

中学校教諭専修免許状(数学・理科)

高等学校教諭専修免許状(数学・理科)

情報公開

学院長メッセージ

学院長 岡田 哲男

理学は、自由な発想と知的好奇心に基づき、自然界に潜む法則性を解き明かす学問です。ガリレイ、ニュートン、キュリー夫人、アインシュタインら先人達は、自らの好奇心に基づいて自然を理解しようとしました。長年に渡る人類の知的活動の積み重ねにもかかわらず、我々は自然界のほとんどを理解できていないかもしれません。自然界の本質の解明は知的好奇心を満たすだけでなく、社会の発展にも貢献することを歴史は示しています。このような共通の目標に向かって、人類の智を継承・発展させる、それが理学です。 学院長 岡田 哲男

副学院長

  • 中本 秦史(企画等担当)
  • 芥川 和雄(一雄)(教育等担当)
  • 岩澤 伸治(研究等担当)
  • 岡 眞(財務担当)