AO入試

平成30年度AO入試について

【第2類】

高い基礎学力および広い科学的知識を持ち、材料学を学ぶ意欲と、学んだ材料学を通して社会貢献しようとする高い志を有する者。とりわけAO入試では、材料学を学ぶために必要な柔軟な発想力、論理的思考力、理解力、表現力に秀でた素質が認められる者を強く求めます。

【第3類】

人の生活に役立つ化学技術を創成し、開拓できる人材を求めています。具体的には、様々な機能を発揮する有機・無機・高分子材料、環境保全に有効な触媒・化学プロセス、エネルギー変換蓄積を可能とする各種電池・電池材料、医農薬品の合成に不可欠な化学合成技術とプロセス、そしてこれらを実用するために不可欠なマネージメントに関して精力的に学習する人材を求めています。

【第4類】

機械工学、システム・制御工学、経営工学、融合理工学に強い興味を抱き、人類と社会の持続的発展に貢献しようという高い志を有し、そのために必要な理系科目を中心に確実な基礎学力を備えた者。とりわけAO入試では、柔軟な発想力と、その発想を他者と共有するための説明力および他者の発想を理解できる能力に秀でた素質が認められる者を強く求めます。

【第5類】

電気や情報分野の知識を活かして人類と社会の発展に貢献しようという高い志を有し、かつ数学や理科に関する十分な基礎学力を有する者。とりわけAO入試では、電気や情報分野の技術課題に対して解決法を提案する柔軟な発想力に秀で、論理的な説明能力を備えた者を強く求めます。

【第6類】

人類と社会の持続的発展に環境と生活・産業基盤の観点から貢献しようという高い志を有し、理系科目を中心に確実な基礎学力を備えた者。とりわけAO入試では、ローカルおよびグローバルな問題の解決に対する柔軟な発想力と、その発想を他者と共有するための表現力の2点に秀でた素質が認められる者を強く求めます。

【第7類】

生命現象を徹底的に探求したいという旺盛な知識欲を持つ者、また、そこから得られた知識を応用して新しい創造的世界を開拓したいという意欲にあふれる者など、チャレンジングな理系精神を持って生命理工学を学びたい者。とりわけAO入試では、生物に特に秀でた素質が認められる者を求めます。

選抜方法

出願資格や、大学入試センター試験の科目等の詳細は、学生募集要項で確認してください。

第1段階選抜

志願者数が類ごとの募集人員の約2~3倍を超えた場合には、本学が指定する大学入試センター試験5教科7科目の成績(得点合計)により第1段階選抜を行うことがあります。

大学入試センター試験の配点

教科
国語
地理歴史,
公民
数学
理科
外国語
合計
配点
200
100
200
200
250
950
外国語科目として英語以外の科目を選択した者及び英語リスニング免除者は,外国語配点200点を250点に換算した得点とします。

第2段階選抜

第1段階選抜に合格した者に対して、個別学力検査(総合問題)、志望理由書及び調査書によって行います。

個別学力検査試験日:平成30年2月3日(土)

試験内容等の詳細は、学生募集要項で確認してください。
総合問題
試験時間
配点
筆記
9:30~11:00(90分)
100
面接
13:00~16:30
筆記
9:30~11:00(90分)
100
面接
13:00~18:00
筆記
9:30~11:30(120分)
100
面接
13:00~16:30
筆記
9:30~12:00(150分)
100
面接
13:30~17:00
A
造形課題
9:30~11:30(120分)
100
B
筆記
9:30~11:00(90分)
100
面接
13:00~16:30
C
面接
9:30~12:30
100
筆記
9:30~11:00(90分)
100
面接
13:00~18:00

出願の際は、平成30年度AO入試(第2類,第3類,第4類,第5類,第6類,第7類)学生募集要項を請求してください。