サークル活動

ものつくりサークル特集 東工大 Science Techno サイテク

ScienceTechnoについて

ScienceTechnoとは

東工大Science Techno(サイテク)は、科学の楽しさを多くの人と分かち合うことを目的に、小学校や公民館などで科学実験・工作教室の企画・運営を行ってる東京工業大学公認のサークルです。
特に子どもが科学の不思議に触れる機会を設けることで、科学を好きになってくれるきっかけとなることを目指しています。

ScienceTechnoの歴史

東工大Science Techno(サイテク)は、市村禎二郎教授(現・名誉教授)が講義中に日本科学未来館プレイベントのスタッフを呼びかけたときに集まったメンバーをもとに2001年に結成されました。
サイテクの活動は日本科学未来館のボランティアから始まり、今では自分たちでイベントを開催するようになりました。

主な活動内容

科学イベントを行う

科学イベントの様子

主に小学生を対象とした、科学に関するイベントを開催しています。
月に2、3回の出張教室(小学校、公民館など)、大学の文化祭(5月のすずかけ祭、10月の工大祭)の他、2012年度はサイエンスリンクへの参加や被災地である石巻への出張教室も開催するなど新しい活動に取り組んできました。
イベントでは、一から考えた題材で子どもと一緒に工作・実験し、スライドを使ったレクチャーも行います。こうして、興味深い原理も学んでもらうことを目指しています。

イベントの題材作り

科学イベントの様子

イベントに使う題材を一から開発しています。
数人の班を結成して、自分達が研究したいと思った題材を、いかに子どもに分かりやすく楽しく伝えられるかを考えます。サークル内で年3回の発表会を行い、毎回、皆で楽しく活発な議論を交わしています。

主な活動内容

ストロー・オーケストラ@東芝科学館(2013/07/03)

ストロー・オーケストラ

このイベントのテーマは「ストロー・オーケストラ」です。ストローを切っただけで簡単にできちゃうストロー笛と、ストローとピンポン玉で作る「ピンポンオカリナ」を工作してもらいました。

まず最初はストロー笛の作成です。作るのはとっても簡単です。鳴らせるようになるのにちょっとだけ練習がいりますが、ほとんど全員笛を鳴らせました。

次はピンポンオカリナの作成です。穴の空いたピンポン玉の穴に、ストローで息を吹きかけると「ピーッ」っていうキレイな音が鳴ります。これにはみんな大喜びでした。楽しそうに鳴らしてくれて本当に嬉しかったです。

ぶくぶく入浴剤を作ろう!@すずかけ祭(2013/05/18)

  • ぶくぶく入浴剤を作ろう!@すずかけ祭の様子
  • ぶくぶく入浴剤を作ろう!@すずかけ祭の様子

このイベントでは、お風呂に入れたらぶくぶくと泡がでてくるいわゆる発泡入浴剤の発泡のヒミツを実験で探り、それから、子どもたち一人ひとりが入浴剤を工作しました。

工作の時間では、実験で用いた粉のうち、クエン酸と重曹を混ぜ合わせて入浴剤を作りました。
好きな香りのアロマオイルも加えて、思い思いの入浴剤が完成しました。

今回は、入浴剤をテーマにした初のイベントで、どうしたら子どもたちが安全に分かりやすく楽しめるか、
試行錯誤を繰り返しながら、スタッフ一丸となって準備を進めてきました。
結果、子どもたちの笑顔があふれる大成功のイベントとなりスタッフ一同とても嬉しかったです。

サークルの詳細

サークル名
東工大ScienceTechno
設立
2001年
部員数
約100人
活動内容
大学近隣の小学校や公民館を中心に出張して、科学工作・実験教室を開催したり、
「工大祭」でも科学の面白さを伝える企画を開催しています。
活動場所
サークル棟3・3Fの部室、借りてきた講義室、ものつくりセンター
公式HP
東工大Science Techno(別ウィンドウhttp://www.t-scitech.net