サークル活動

ものつくりサークル特集 ロボット技術研究会

ロボット技術研究会について

ロボット技術研究会とは

「東京工業大学ロボット技術研究会」は、日本がその最前線を担うロボット技術(ロボティクス)を中心に、回路技術、ソフトウェア技術などについての研究開発を行う、東京工業大学公認サークルです。
小さいながらも学内に部室を持ち、フライス盤、旋盤、ボール盤などの工作機械と、オシロスコープやパソコンなどの電子回路・ソフトウェア開発のサポート機材を揃えています。

サークルの方針

ロボットづくりという枠組みにとらわれず、「何をやってもいい」というのがこのサークルの特徴です。
知識がなくても、ゼロから設計に必要な数学的観点と、回路・工作の実学的観点を学べる環境があります。ロボット技術研究会には、研究室と呼ばれるグループがあり、それぞれのテーマを設けるなどして、様々なことを研究しています。

主な活動内容

ロボット技術研究会の目的は、主に部員の研究活動に関する相互扶助であると言えます。
そのため、特に部全体で何かのコンテストを目標にするといった活動は一切行いません。
様々な部員の研究や活動の記録が、そのままロボット技術研究会の研究・活動になります。

なお、ロボット技術研究会全体では、秋に行われる東京工業大学の大学祭「工大祭」と、春の新歓活動が年に2回の対外的な研究発表の場となりますが、各活動グループ単位でコンテスト等への参加することも積極的に行われています。

ロボット技術研究会は、更に幾つかの小さな「研究室」に別れ、各研究室が独自にテーマを設けて研究活動を行っております。新入生は、まず半年の修行期間を経ながらロボット技術について多少の知識を得て、工大祭が無事終了した秋頃に好みの研究室に所属します。勿論、ロボット技術研究会は単なるサークルであり、部員の活動を助ける立場ですので、本人の希望によって新たに研究室を立てたり、複数の研究室に所属したり、あるいはどこにも所属せずにいることも自由です。
研究室単位では、どのようなテーマを持つことも自由ですので、種々のコンテストへの出場を目指す研究室もあれば、一人で気に入った事をするだけの研究室も多く存在します。

  • 迷路を自律型のロボットに解かせるマイクロマウスという競技用のロボット

    迷路を自律型のロボットに解かせるマイクロマウスという競技用のロボット

  • 全国から強豪ひしめくNHKロボコンの様子

    全国から強豪ひしめくNHKロボコンの様子

競技会での数々の受賞歴

競技会での数々の受賞歴

ロボットづくりの魅力

ロボットの面白さは、自分でつくったものを動かせるというところにつきます。
ロボット技術研究会では、基本的には、一人でつくりたいロボットを制作できます。最初はロボットを見てスケッチや採寸を行い、さらに機構を見ていくと、徐々に原理が見えてきます。そうすると大学での授業に加え、身の周りのすべてから学べる・使えるモノがあることに気付くことができます。
自分の得た知識の分だけロボットに活かすことができるのも醍醐味です。

身近にあるものが参考になるというのは、逆にそれだけ様々な技術や仕組みをロボットが備えているからで、そういったことからロボット研究は"総合学問"といわれています。
機械系専攻者だけがロボット研究をしているわけではありません。東工大には様々な学科や分野でロボットに向き合っている先生や学生がたくさんいます。
東工大生のつくったロボットが、生活の中で活躍している。そんな日が近い将来くるかもしれません。

部が所有する本格的な機械工作機器たち

機械工作
電子工作
情報機器
ロ技研ライフ
エアコンプレッサー
オシロスコープ
パソコン
DVビデオカメラ
グラインダー
電子パーツストック
プリンター
(モノクロレーザ)
ビデオデッキ
旋盤
電源装置
LAN環境
冷蔵庫
定盤
ファンクション
ジェネレーター
-
冷暖房
ハンドソー
-
-
-
フライス盤
-
-
-
丸鋸盤
-
-
-

サークルの詳細

サークル名
東京工業大学ロボット技術研究会
設立
1981年
部員数
約100人
活動内容
各々の研究テーマにそって、種々のコンテストに参加したり、研究したりしています。
ロボット技術研究会全体では、「工大祭」と春の新歓活動が年に2回の対外的な
研究発表の場があります。
活動場所
サークル棟4・3Fの部室
部室は08:30~20:00に使用できます。
(ただし、入試などの場合はこの限りではありません)
公式HP
東京工業大学ロボット技術研究会(別ウィンドウhttp://rogiken.org